Taking line array performance to a whole new level

コンパクトでパワフルな汎用システム

GEO M12は、高い評価を得ているGEO M10およびコンパクトなGEO M6ラインアレイのデザインとサウンドキャラクターを継承した、NEXO GEO Mシリーズのフラッグシップモデルです。

GEO M12には多くの特許取得技術が採用されており、NEXOが誇るパワフルさ、柔軟性の高さ、広いカバレッジ、そして優れた音質調整性能は、ツアリング仕様と固定設備仕様のいずれでもすぐに実感できます。またこのシステムには専用のサブベースキャビネットMSUB18があります。

中規模の音響機材レンタル会社を主要ターゲットにしたGEO M12は、コストパフォーマンスの高さから、企業プレゼンからライブ会場や教会での使用にいたるまで、幅広い用途に対して有力な選択肢になります。

リギングやフライングが容易

寸法わずか370mm × 700mm × 446mm、重さ34kgのモジュールに、12インチのプレミアムネオジウム低域ドライバーと1.4インチのチタンダイアフラム高域ドライバーが搭載され、垂直方向の指向角が異なる2つのモデル(10°のGEO M1210と20°のGEO M1220)が用意されています。水平指向性も80°から120°にわずか数秒で変更できます。

“no loose part”コンセプトの内蔵リギング機構により、さまざまな規模のグラウンドスタックやラインアレイを簡単に構成することが出来ます。

リアパネルの保護されたスイッチにより利便性がさらに増し、キャビネットを開けることなく、設置状態のまま2ウェイパッシブモードから2ウェイアクティブモードに切り替えることができます。さらに50Hz~20kHzの周波数特性と140dBの最大音圧レベルは、NEXOがこれまで販売している12インチアレイキャビネットで世界的に評価の高いGEO S12のおよそ2倍のパワーを誇ります。

専用サブウーファー

高効率なバンドパスキャビネット設計に直径18インチのボイスコイルネオジウムドライバーを1基搭載し、正方形のポート構造を採用した専用のMSUB18は、GEO M12と幅が同じで、オムニモードまたはカーディオイドモードでアレイやグラウンドスタックに設置できます。

GEO M12 for large theatres and live venues

MSUB18とGEOM12の組み合わせは、ハイパワーでありながら視界の邪魔をせず、大規模な劇場やライブ会場に最適です。高効率なMSUB18のおかげでサブキャビネットとメインキャビネットを一緒にフライングできるため、舞台上に十分な空間がなくてもサブキャビネットのカバレッジを完ぺきに提供できます。

ここに示す構成例は重量が400kg未満で、500kgのリギングポイント1点でフライングできます。ラインの一番下には通常、オプションの水平フランジを使用して垂直方向の指向角が広いモデル(20°、GEOM1220)を取り付け、120°の水平カバレッジを確保します。

このラインは全体でNXAMP4x4のチャンネルを3つのみ使用します。残りのチャンネルは、プロセッサーのカスタムセットアップ機能を使ってグラウンドサブ、サイドフィル、またはニアフィルに使用できます。

GEO M12 for live events

リギングポイントがない場合でも、前述の構成と同じハードウェアを使用して、2台のMSUB18と3台のGEO M12から成る大音量のスタックを数分で構成できます。この例のようなステレオシステムは、1台のNXAMP4x4でドライブできます。

サブのすぐ上のGEO M12をマイナス角に設置すると、システムを舞台上にスタッキングした場合でも、最前列の観客をカバーできます。

また、NS-1ソフトウェアを使用すれば、スタッキングの場合でもカバレッジやキャビネット間の最適な角度を予測できます。

GEO M12 for public address

音にパワーとクリアさの両方が求められるスタジアムなどの大規模なシステムでは、スタジアムの屋根の端など、観客から遠く離れた場所にリギングポイントがある場合でも、3台のGEO M12と小型バンパーで合計120kg未満の小型の構成を使用できます。

エンクロージャーに複合材を採用し、IP54に適合した固定設備仕様のGEO M12は、長年にわたり安心して使用できます。またYamaha Provisionaireリモートコントロールソリューションを使用すると、PAシステムを効率的に監視できます。

GEO M12 for concerts and festivals

GEO M12とMSUB18を最大構成で組み立てると、わずか700mmの設置面積で大規模なコンサートやフェスに対応できます。

カーディオイドモードのMSUB18ラインは、舞台上のサブキャビネットのカバレッジを大幅に削減しながら、観客席の広範囲をカバーします。

AutoRigシステムによりシステムを短時間で設置でき、1台のNUAR(2台のNXAMP4X4で構成)でこの例のようなシステム全体を十分にドライブできます。またDante™接続に対応しているため、コンバージョンボックスを外付けしなくても、最新のあらゆるデジタルミキサーに直接接続できます。

2019 © Copyright by NEXO SA, Registration Nº 317 272 540 RCS Compiègne, ALL RIGHTS RESERVED.